UTM5,300円以下

ゼロトラストとは?UTMを活用した対策方法など解説!

UTMにおけるネットワークセキュリティの考え方として、ゼロトラストの概念を理解することは重要。

 

複数の異なるセキュリティ機能を1つのハードウェアに統合し、統合脅威管理(Unified Threat Management)が行えます。

 

UTMには主に「ファイアウォール」「アンチウィルス/アンチマルウェア」などの機能が備わっており、それらを有効活用することで、ゼロトラストの考え方に沿ったセキュリティ対策ができるといわれています。

 

本記事では、そもそもゼロトラストとはどういった考え方なのか、またUTMの必要性や活用方法などについて解説しています。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

ゼロトラストとは?UTMの必要性について解説!

ゼロトラストとは?UTMの必要性について解説!

 

UTMを活用すればゼロトラストの考え方にそっての対策ができると言われていますが、そもそもどういった考え方なのでしょうか。

 

ここではまず、ゼロトラストの特徴やUTMの必要性について解説しています。

 

 

ゼロトラストとは?

ゼロ(zero)は、ある数に加えてもある数から引いても、何もないといった意味。また、トラスト(trust)は、「信頼」「信用」「信託」といった意味を持ちます。

 

つまり、それら2つの用語を組み合わせたゼロトラストは、「信頼が何もない」といった意味になります。

 

これは、何も信頼しないことを前提にして対策を行うという考え方であり、それがゼロトラストの概念です。

 

従来は、社内(内側)と社外(外側)という2種類のネットワークのうち内側は安全なので、外側に対して対策をするというのがセキュリティでの一般的な考え方でした。

 

しかし、下記のような社会的背景から、内側も安全ではないことを多くの方が理解するようになりました。

 

  • テレワークの増加
  • 働く場所を問わない働き方の増加
  • クラウドサービスの拡大
  • 悪意のある第三者の攻撃の多様化
  • 内部不正による情報漏えいの可能性

コラム:UTMを活用したテレワークとは?UTMでセキュリティを強化出来る!

 

そのため、外側も内側もどちらも信用しないことを前提として対策を行うのが近年、セキュリティに対する一般的な考え方となりつつあります。

 

 

ゼロトラストセキュリティにおけるUTMの必要性は?

何も信頼しないということは、すべてを疑うということ。

 

つまり下記のように、すべてを疑いそれに対して対策をするとなると、さまざまな機器を使用しなければなりません。

 

  • 使用しているネットワークの全ての安全性を疑う
  • 許可されたデバイスだけを使用し、本当に許可されているかを疑う
  • デバイスへのウィルスやマルウェアへの感染を疑う
  • デバイスに必要な安全対策が施されているかを疑う
  • アクセスしてきたのがユーザー本人かを疑う
  • 使用するシステムやアプリケーションの脆弱性を疑う
  • 不審な操作されていないかを疑う

 

冒頭で紹介しましたが、UTMには、主に「ファイアウォール」「アンチウィルス/アンチマルウェア」などの機能が備わっています。

 

また、他のセキュリティ機能を追加することもできるため、1つの機器でさまざまなゼロトラスト対策が可能。

 

UTMを活用すればゼロトラストの考え方に沿って対策ができるといわれている理由は、UTMなら1つの機器でさまざまな疑いに対して対策ができるためです。

 

 

 

ゼロトラストセキュリティにおけるUTMの活用方法を解説!

ゼロトラストセキュリティにおけるUTMの活用方法を解説!

 

UTMを活用すればゼロトラストの考え方に沿った、セキュリティ対策ができます。

 

そもそもUTMを活用することで得られるメリットは、セキュリティ対策にかかるコストを抑えることができるということ。

 

ゼロトラストセキュリティは単一の製品・サービスで実現できるものではないため、実現するには多くの製品・サービスの導入が必要です。

 

そのためには、かなりの導入や運用コストが発生します。

 

UTMなら、1つの機器に機能をまとめることができるため導入や運用コストを抑えることが可能です。

 

 

 

さいごに|UTMでゼロトラスト対策を実践しよう!

さいごに|UTMでゼロトラスト対策を実践しよう!

 

UTMはゼロトラストセキュリティの実現に活用できます。

 

しかし、UTMだけでは実現できません。

 

なぜなら、防げるのは備わっている機能で防御できるサイバー攻撃だけのため。備わっていない機能のなかには、オプションで追加できる仕組みも存在しますが、それぞれオプションで追加できるかどうかは機器によって異なります。

 

また、不具合発生時には機能がダウンしてしまうことも懸念しなければなりません。

 

そのため、ゼロトラスト対策を実践するには、UTMでの防御も疑う必要があります。

 

UTMだけでなく、ぜひゼロトラストに取り組み、セキュリティ強化を実現しましょう。

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋のOA機器営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 UTMや複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格でUTMや複合機を全国にリース販売しています。