UTM5,300円以下

UTMを活用したテレワークとは?UTMでセキュリティを強化出来る!

5Gの商用導入や日本政府の働き方改革により、現代社会ではテレワークに注目が集まっています。

 

一方で、ネットワークセキュリティの観点から脅威への対策も必要です。

 

本記事では、UTMを活用したテレワークについて解説しています。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

テレワークとは?UTMの必要性について解説!

テレワークとは?UTMの必要性について解説!

 

テレワークを導入している企業にとって、ネットワークの維持費やセキュリティ対策に関する課題を抱えているケースは珍しくありません。

 

そもそもテレワークとは、情報通信技術(Information and Communication Technology)のことで、ICTと略されます。

 

ここでは、テレワークにおけるUTMの必要性について解説しています。

 

 

テレワークとは?

テレワークとは、働くために特定の時間や場所に捉われない考え方を持った概念のこと。総務省が「ICT利活用の推進」のなかで、働き方改革の一環としてテレワークを推奨しています。

 

一般的な認知として、テレワークといえば、会社に出勤せずに在宅勤務する働き方というイメージを持つ方も多いでしょう。

 

他にも、下記の4つの形態が存在します。

 

  • コワーキング:コワーキングスペースを活用して仕事をする
  • サテライト:サテライトオフィスを活用して仕事をする
  • モバイルワーク:移動中でも仕事ができる
  • ワーケーション:リゾートなどでの休暇を活用しながら仕事をする

 

テレワークを導入することで業務の効率化が向上することから、セキュリティ面を考慮したUTMを設置したネットワーク構築を検討している企業も少なくありません。

 

 

テレワークにおけるUTMの必要性は?

そもそも、テレワークを導入している企業にとって、UTMは必要なのでしょうか。

 

結論を言えば、必要です。

 

その理由は、ネットワークセキュリティの問題を解決できるため。

 

また、UTM導入の手間を考えると、抵抗を感じるケースも珍しくありません。

 

しかし、ローカルネットワーク中に存在するハブとルータ間にUTMを設置するだけのため、比較的簡単に導入可能。

 

また、VPN機能と併用すれば、高速で安全なネットワークを構築できます。

 

 

 

UTMを活用したテレワーク導入におすすめの助成金を紹介!

UTMを活用したテレワーク導入におすすめの助成金を紹介!

 

UTMの導入を検討している企業は必見です。

 

テレワークにはネットワークセキュリティに対する課題が残されていますが、それを解決するためにもUTMの導入は必要です。

 

導入自体は簡単とはいえ、費用面で再検討する企業もあることでしょう。

 

そこで、おすすめの方法が助成金、補助金の活用です。

 

  • 人材確保等支援助成金(テレワークコース)
  • 事業再構築補助金

 

それでは、詳しくみていきましょう。

 

 

人材確保等支援助成金(テレワークコース)

人材確保等支援助成金(テレワークコース)は、テレワーク導入により雇用面の改善や新規での人材確保など、一定の成果をあげた中小企業を対象とした助成金です。

 

原則として、機器などの導入に対して助成され、助成率は30%。100万円が上限額です。

 

従来は試験的な試みについては非対応とされていましたが、令和3年12月21日の改正で、試行的に導入している事業も含まれることとなりました。

 

テレワーク導入の際に、UTMを設置してセキュリティ対策を強化するためにもおすすめです。

 

 

事業再構築補助金

事業再構築補助金は、企業内再編や業種転換、新ジャンル参入などを検討している中小企業を対象とした補助金です。

 

助成率は3分の2で最大6,000万円、通年で複数回公募されていることからタイミングに乗じて申請ができます。

 

なお、日本政府の令和3年度補正予算確定により、令和4年度も継続されるとのこと。令和3年度は全5回もの公募があり、タイミングに合わせた補助申請ができるところは大きなメリットといえます。

 

 

 

さいごに|テレワークを導入する際はUTMを設置しよう!

さいごに|テレワークを導入する際はUTMを設置しよう!

 

今回は、UTMを導入したテレワークについて解説してきました。

 

会社に出勤しなくても仕事ができる新しい働き方として、日本政府も推奨していますが、ネットワークセキュリティに課題を抱えている企業も少なくありません。

 

そのような場合にUTMを導入することはおすすめ。ぜひ、この機会にテレワーク×UTMを導入してみてはいかがでしょうか。

 

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋のOA機器営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 UTMや複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格でUTMや複合機を全国にリース販売しています。