UTM5,300円以下

「Neusoft(ニューソフト)」のUTMの価格は?口コミや評判について考察!

ネットワークセキュリティ業界において、UTMの仕組みは複雑で維持費も高騰しているのが現状。

 

そのなかでも、格安のUTMとして、Neusoft(ニューソフト)が評判を呼んでいます。

 

本記事では、Neusoft(ニューソフト)のUTMに関連する評判について考察しています。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

Neusoft(ニューソフト)とは?UTMに関連する評判を紹介!

 

UTM ニューソフトは、もともと中国国籍を持つ株式会社です。

 

ここでは、Neusoft Japan 株式会社として紹介しています。

 

 

ニューソフトとは?

Neusoft Japan 株式会社は、中国に拠点を置くNeusoft(ニューソフト)の日本支店です。

 

2001に創設されたNeusoft Japan 株式会社は、日本国内では東京都を拠点とし、ソフトウェアエンジニアリング事業やクラウドマネジメントなどのIT技術サービスを主軸としたビジネスを展開しています。

 

ネットワークセキュリティ事業においては、次世代ファイアウォールやWAF、ネットワーク監視システムなどの製品をプロダクトリリースしています。

 

また、日本のトヨタ自動車等にシステムを提供しているメーカーとなります。

 

 

評判や口コミまとめ

主に中国でネットワークセキュリティ事業が大きく展開されているNeusoft(ニューソフト)ですが、UTMに関連する評判としてはどうなのでしょうか。

 

ここでは、WebやSNSに寄せられている口コミや評判をまとめました。

 

  • セキュリティ業界のなかでもトップクラスの格安提供
  • コストパフォーマンスが高い
  • ごく普通の性能でも動作は安定している

 

低価格設定は、ユーザーにとっても魅力的に感じることでしょう。

 

 

 

Neusoft(ニューソフト)のUTM関連の評判を考察!

Neusoft(ニューソフト)のUTM関連の評判を考察!

 

Neusoft(ニューソフト)の日本国内向け事業のうち、Neusoft Japan 株式会社がプロダクトリリースしているUTMといえば「NISGシリーズ」です。

 

ここでは、下記の5つの評価ポイントで考察しています。

 

  • 価格(評価|★★★★★)
  • 性能(評価|★★★★★)
  • ファイアウォールのスループット(評価|★★★★★)
  • 国内シェア(評価|★☆☆☆☆)
  • 本社がある国(評価|★★★☆☆)

 

それでは、詳しくみていきましょう。

 

 

5つの評価ポイント

ここではニューソフトの「NISGシリーズ」について解説していきたいと思います。

 

 

価格(評価|★★★★★)

【PC20台以下対象のUTMの相場】
リースの相場:月々8000円前後
現金購入の相場:43万円前後

 

Neusoft(ニューソフト)の日本国内でリリースされている「NISGシリーズ」は、格安というのが一般的な認識です。

 

基本的にリースで1万円以上で導入されているお客様は少ないです。

 

 

性能(評価|★★★★★)

Neusoft(ニューソフト)のUTMは、VPNや無線機能が標準装備されている事も魅力的。

 

また、独自のプラットフォームによる「見える化」を推進しており、クラウド上でのリモート管理やブラウザベースでのネットワーク自動監視などに対応しています。

 

見える化によって性能や処理されたデータログが確認できるところは、よい評判として多くの声が上がっています。

 

 

ファイアウォールのスループット(評価|★★★★★)

Neusoft(ニューソフト)のUTM「NISG 6000」のファイアウォールスループットは、4Gbpsです。

 

他企業と比較すると、頭が抜けて高速です。

 

ただし、中小企業を対象とした中では最高峰でありますが、オフィスがPC100台以上の環境の大企業向けでは一般的な性能となっています。

 

 

国内シェア(評価|★☆☆☆☆)

Neusoft(ニューソフト)のUTMは、Neusoft Japan 株式会社によって国内展開されていますが、具体的なシェア率は公開されていません。

 

その為、体感となりますが大手5社の中では一番導入されている件数が少ないです。

 

下記は弊社がお客様先で確認したUTMの導入メーカーのグラフです。

 

Chart by Visualizer

 

もともとは日本市場向けにプロダクトリリースされているため、ユーザーの評判を取り入れた次世代のUTMによるシェアは増えていっているイメージです。

 

数年前であったらOA機器の会社でもニューソフトってどこ?って感じが今だとニューソフトね!ぐらいの認知度は獲得してきています。

 

 

本社がある国(評価|★★★☆☆)

Neusoft(ニューソフト)は中国に拠点を置く企業ですが、日本人技術者の取り込みにより、2010年代と比較しても信頼性の面では向上しています。

 

ニューソフトは中国でも大手エンジニア企業という位置付けですので、規模的にも性能的にも問題ありませんが、日本人からすると「日本メーカー>中国メーカー」という潜在意識はあると思います。

 

 

総合評価

近年、日本人技術者の取り込みによって中国のIT技術が飛躍的に進歩しています。

 

Neusoft(ニューソフト)もそんな中国大手のIT企業の1つですが、日本向けのUTM事業としてNeusoft Japan 株式会社を主軸展開しています。

 

そのなかで、低価格を実現できているところはユーザーにとっても魅力的に感じるでしょう。

 

 

 

さいごに|ニューソフトの評判を参考にしてUTMを選ぼう!

さいごに|ニューソフトの評判を参考にしてUTMを選ぼう!

 

今回は、Neusoft(ニューソフト)のUTMの評判について解説してきました。

 

格安のUTMということで、日本国内でも評判は高いといえます。

 

しかし、中国製と耳にして抵抗を感じる日本人ユーザーも少なくありません。

 

ぜひ、最近の評判を確認して、Neusoft(ニューソフト)のUTM導入を検討してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋のOA機器営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 UTMや複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格でUTMや複合機を全国にリース販売しています。