UTM5,300円以下

ノードとは?UTMにおける位置づけとその仕組みについて解説!

複数の異なるセキュリティ機能を一つのハードウェアに統合し、集中的にネットワーク管理をするUTM。

 

統合脅威管理とも呼ばれていますが、そのUTMの管理・運営する際に、よく出てくる用語の1つに「ノード」があります。

 

本記事では、UTMにおけるノードの位置づけやその仕組みについて解説しています。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

UTMにおけるノードの位置づけとは?その仕組みについて解説!

UTMにおけるノードの位置づけとは?その仕組みについて解説!

 

そもそも、ノードとは何のことなのでしょうか。

 

ここでは、UTMにおけるノードの概念と位置づけについて解説しています。

 

 

ノードとは?

もともとノードは、「結び目」「集合点」「節」といった意味を持ちますが、IT用語ではネットワークを点(装置)と線(伝送路)での構成図で表した場合の点を意味します。

 

つまり、ネットワークを構成する、「パソコン」や「プリンター」等の装置のことです。

 

ちなみに、各ノードを繋ぐ線のことは「エッジ」もしくは「リンク」と呼びます。

 

「ノード=装置」であり、ノート数とは、そのネットワークに設置されている装置の数を意味します。

 

 

UTMにおけるノードの概念と位置づけ!

前述したように、ノードとはネットワーク上に設置されている装置のこと。また、別の言い方をすれば、IPアドレスが割り振られた各機器のことです。

 

そのため、社内ネットワークにUTMを設置すれば、UTMはノードの1つとなります。

 

ただし、ノードは使われるシーンによって、その意味合いが変わるため注意しなければなりません。

 

例えば、ファイアウォールのノードとは、そのファイアウォールに接続されている装置のこと。

 

つまり、ファイアウォールに接続可能なノード数とは、LAN内からWANへ同時に接続できるホストの数を指します。

 

また、データセンターで複数のサーバを1台に集約しているときのノードとは、サーバを指す単位。ノード数は、集約した装置と接続しているサーバ数です。

 

そしてUTMは、複数の異なるセキュリティ機能を1つのハードウェアに統合し、集中的にネットワーク管理をする装置です。

 

つまり、UTMにおけるノードの概念と位置づけは、下記のとおりです。

 

  • ノード=接続されている装置
  • ノード数=UTMに接続可能な装置の数

 

ただし、接続可能というのは同時接続できるという意味です。

 

 

 

UTMのノード数は?スペックの違いなど解説!

UTMのノード数は?スペックの違いなど解説!

 

UTMは、複数の異なるセキュリティ機能を1つのハードウェアに統合し、集中的にネットワーク管理をすることが可能。そして、その統合脅威管理に用いる装置のことです。

 

UTMを導入すれば、「コストの軽減ができる」「脅威に対処できる」などのメリットがあります。

 

そのため、導入する企業が年々増えていることもあり、この統合脅威管理に用いられる装置は現在、いくつものベンダー(メーカー)から、スペックの異なる機種が提供されています。

 

そして、UTM機器には、下記のようなセキュリティ機能が搭載されています。

 

  • ネットワークを監視するファイアウォール
  • 1つのゲートウェイで管理可能なアンチウィルス
  • 不正侵入を検知・防御するIPS/IDS
  • 迷惑メールを防御するアンチスパム
  • 有害アクセスを防ぐWebフィルタリング
  • 危険な通信を制限するアプリケーション制御

 

また、高スペックのUTMには、上記以外の機能(オプション機能)が搭載されています。

 

これらのセキュリティ構造についての詳細は、UTMの多層防御とは?その仕組みと有効な理由を解説!の記事をご覧ください。

 

また、搭載されている機能の数だけでなくスペックによって、パフォーマンスが異なります。

 

そして、接続可能なノード数もUTMのスペックによって異なり、高スペックであるほど接続可能なノード数は増えます。

 

しかし、ノード数が多い方がスペックが高いUTMのため、価格が高いことが特徴。なかには、ノード数が無制限という機種も登場しています。

 

無制限のため、接続できるノードの数に制限はありませんが、その分価格も高く設定されています。

 

例えば、NECの「NetvisorPro V」のノード数と価格比較は、下表のとおりです。

 

ノード数 価格
50ノード版 450,000円
100ノード版 900,000円
250ノード版 1,050,000円
500ノード版 1,550,000円
1000ノード版 3,050,000円
無制限ノード版 4,200,000円

 

 

 

さいごに|サポートするノード数が無制限のUTMが存在!

さいごに|サポートするノード数が無制限のUTMが存在!

 

導入するなら、ノード数が多いUTMの方がおすすめ。しかし、ノード数無制限のUTMは高スペックUTMとして位置づけられています。

 

高スペックUTMは中・大企業向けのタイプが主流のため、小企業にはあまり適していません。

 

しかし、最近は小規模向けの環境のUTMでもサポートするノード数が無制限という機種も登場しています。

 

オフィスの規模や業態に合わせて、最適なノード数のUTM導入を検討してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋のOA機器営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 UTMや複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格でUTMや複合機を全国にリース販売しています。