UTM5,300円以下

ポート開放とは?UTMの設定方法など解説!

異なる複数のセキュリティ対策を1つのハードウェアで統合して、集中的にネットワーク管理を行うこと&行う機器がUTM。ポート開放ができず、困っている方もいることでしょう。

 

本記事では、UTMにおけるポート開放の必要性やその手順などについて解説しています。

 

また、ポート開放をする際の注意点についても紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

ポート開放とは?UTMにおける必要性について解説!

ポート開放とは?UTMにおける必要性について解説!

 

ポート(port)とは、IT用語は、機器やソフトウェアが外部の別の主体と接続・通信するための末端部分のこと。そのポートを開放するとは、どういったことなのでしょうか。

 

ここでは、ポート開放とはどういったことなのか、またUTMでポート開放が必要となるのはどういった場合なのかというテーマで解説しています。

 

 

ポート開放とは?

機器の筐体などに設けられたケーブルやコネクタの差込口がポートです。

 

例えば、下記のとおりです。

 

  • USBを挿す差込口:USBポート
  • LANケーブルの差込口:LANポート

 

UTMにどんなポートがどれくらいあるのかは、機種によって異なります。また、UTMのなかには、20ポート以上の仕様を備えた機種も存在します。

 

そんなポートを開放するとは、どういったことなのでしょうか。

 

ポート開放は、正式には「ポート転送設定」といいます。

 

簡単に説明すると、そのポートのある機器が外部から通信を受け付けるように窓口を開く操作のこと

 

通常、インターネットに接続する機器との接続に使用するポートは、外部からの不正なアクセスを遮断するポートフィルタリングという機能で、外部からの不正なアクセスを遮断するよう制限がかけられています。

 

そのポートにかけられているフィルタリングを解除して、外部から通信を受け付ける状態にすることがポート開放です。

 

 

UTMにおける必要性は?

UTMと外部ネットワークを繋いでいる回線、そして接続しているポートにも、ポートフィルタリングがかかっています。

 

そのため、社外からUTM下部に設置されている社内のカメラやサーバーに外部アクセスするときには、ポート開放をする必要があります。

 

例えば、VPNを通じてリモートデスクトップで外部から端末を操作したい場合、ポート開放していなければ接続できないといった問題が発生する可能性があります。

 

そうした際、ポート開放することによって、問題が解決します。

コラム:UTMとセキュリティソフトの違いは?両方必要な理由も解説!

 

 

 

UTMのポート開放手順と注意点を解説!

UTMのポート開放手順と注意点を解説!

 

UTMのポートを開放することは可能。しかし、正しい方法で手順を進めなければ意味がありません。

 

それでは、UTMのポート開放手順をみていきましょう。

 

 

UTMのポート開放手順は?

ポート開放において、UTMで手順を進める場合、セキュリティホールが拡大するケースについて注意しなければなりません。

 

その理由は、ポート開放すると外部から内部へ「穴」を開けることになり、セキュリティ的なリスクが生じるため。UTMのポート開放の手順は機器によって異なることも注意が必要です。

 

ここでは、「Check Point CP700アプライアンス」を例に、ポート開放の手順をみていきましょう。

 

  1. ファイアウォールのポリシーを設定する
  2. 解放するポートを選択する
  3. ログを設定する
  4. UDPを設定する

 

基本的には、セキュリティ機能に開放したいポートを割り当てるイメージです。

 

インターネットのセキュリティ維持の観点から、不必要なポート開放はおすすめしませんが、目的や用途に応じて設定することは業務上必要なこと。

 

前述した手順は、一般的な方法ですので、細かなUTMのポート開放手順は、お手元の取扱説明書をよく確認してください。

 

 

UTMのポート開放をする際の注意点は?

ポート開放すると外部から内部へ「穴」を開けることになり、UTMのポート開放をすることで、下記のようなセキュリティリスクが伴います。

 

  • 通常ブロックされていた通信が通過してしまう
  • 保護の機能が低下する
  • 悪意のある第3者の外部より侵入を許す危険性が高まる

 

UTMのポート開放を設定することで、セキュリティの脆弱性がみられるため、普段からブロックできていたデータが通過してしまう恐れがあります。

 

そのため、外部的要因のセキュリティリスクの発生が懸念されます。

 

こうした注意点をよく理解したうえで、UTMのポート開放を行いましょう。

 

 

 

さいごに|UTMのポートを解放しよう!

さいごに|UTMのポートを解放しよう!

 

UTMが原因で発生した問題が、ポート開放をすることで解消することがあります。

 

しかし、ポート開放したことでセキュリティリスクの向上など、問題が発生する可能性もあります。

 

ちなみに、社内のパソコンから何かのサービスやソフトを利用する際は、UTMのポート開放は必要ありません。

 

必要に応じて、UTMのポートを解放しましょう。

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋のOA機器営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 UTMや複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格でUTMや複合機を全国にリース販売しています。