UTM5,300円以下

UTMにおけるバイパスの必要性とは?脆弱性についても解説!

UTMは冗長性を持たせた構造を構築でき、バイパスによってトラブル発生時の被害を最小限に抑えることができます。

 

本記事では、UTMにおけるバイパスの必要性などについて解説しています。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

バイパスとは?UTMにおける必要性について解説!

バイパスとは?UTMにおける必要性について解説!

 

UTMの仕組みを冗長化することで、可動性を向上させることができます。

 

まずは、バイパスの仕組みについて、詳しくみていきましょう。

 

 

バイパスの仕組みは?

UTMは、インフラストラクチャの観点から冗長な仕組みを構築することが可能。

 

例えば、主に稼働するプライマリの導線に運用に支障をきたすようなトラブルが発生した場合、セカンダリに移行させることで継続した運用ができます

 

UTMはネットワークセキュリティを一定のレベルで担保しなければならず、多層防御の観点から外的要因によるサイバー攻撃を防御する重要な役割を担います。

 

しかしそのような環境下で逐次、ネットワーク上で晒されている攻撃に対して稼働し続けなければならず、冗長性を持たせた仕組みを構築することはUTMにおいて重要なポイントの1つ。

 

プライマリとセカンダリによる冗長性を持たせた運用が不可欠といえます。

 

 

UTMにおける必要性は?

UTMにおいて、プライマリとセカンダリによるネットワークセキュリティ構築を冗長化することは、外的要因によるトラブルを防止するうえで重要だということは前述したとおり。

 

そもそも、UTMにおける冗長性は、可動性を向上させるためには必要です。

 

これは、UTMにおけるネットワーク負荷を分散させる目的もありますが、同時に負荷によるシステムダウンを懸念した仕組みともいえます。

 

つまり、UTMにおけるシステムを冗長性にする必要性は、「可動性の向上」「ネットワーク負荷の分散」の2つが挙げられるということです。

 

しかし、UTMの機種によってはバイパスの仕組みで構築できない場合もあるため、注意が必要です。

 

 

 

UTMがバイパスされる脆弱性について解説!

UTMがバイパスされる脆弱性について解説!

 

ここまでは、UTMの可動性の向上や負荷分散の仕組みを構築する意味でバイパスと呼ばれる「プライマリ」「セカンダリ」の説明をしてきました。

 

しかし、UTMにおいてバイパスは、脆弱性を意味することも忘れてはなりません。

 

 

バイパスによる脆弱性とは?

バイパスによる脆弱性とは何なのでしょうか。

 

結論をいえば、UTMのセキュリティをすり抜けて内部に侵入すること。通常、UTMには多層防御と呼ばれる構造で、ネットワークセキュリティが担保されており、外的要因によるサイバー攻撃を回避しています。

 

しかし、何らかの不具合でセキュリティが突破されるケースも珍しくありません。

 

これに対し、企業側もUTMによるセキュリティ強化など施策しながら対策し続けてきましたが、攻撃側との「いたちごっこ」が続いています。

 

この打開策として、前述したプライマリとセカンダリのバイパス構築が求められているという現状がありますが、それでも根本的な解決策に結びついてないのも現状。UTMにおけるセキュリティ対策の課題として残されています。

 

 

セキュリティの脆弱性を回避するには?

UTMにおけるバイパスの考え方は、可動性の担保と脆弱性の回避に分けられます。

 

そして、後者の脆弱性の回避については、下記の3つのポイントを意識すれば実現可能だといえます。

 

  • クラウドUTMによる委託
  • UTMソフトウェアのアップデート
  • 最新UTMの導入

 

ここで挙げるUTMのバイパスを回避する意味は、外的要因によるサイバー攻撃を防止すること。

 

つまり、マルウェアやワームなどの内部侵入を回避し、安全なネットワークセキュリティにてシステムを運用することが重要だということです。

 

これには、第3者へのセキュリティ管理委託やUTMに内蔵されているシステムのアップデート、ソフトウェアの可動性管理などが求められます。

 

また、旧型のUTMによる構造上のインシデントも原因としては挙げられるため、サポートが終了していない最新機種を導入することもリスクを回避するうえで検討しなければならないポイントといえるでしょう。

 

 

 

さいごに|UTMのバイパス構築で可動性を確保しよう!

さいごに|UTMのバイパス構築で可動性を確保しよう!

 

今回は、UTMにおけるバイパスの考え方として可動性の向上や負荷分散の仕組みについて解説してきました。

 

一方で、UTMのセキュリティを突破することもバイパスとして位置づけられていることから、双方の仕組みを柔軟に考えながら対策していくことが重要。

 

プライマリとセカンダリという仕組みに依存するだけでなく、機種そのもののスペックを考慮したセキュリティ対策を実践しなければ意味がありません。

 

この機会に、ぜひUTMによるプライマリとセカンダリのシステム構築、また脆弱性の回避に向けた最新機種の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋のOA機器営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 UTMや複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格でUTMや複合機を全国にリース販売しています。