UTM5,300円以下

UTMのブリッジモードとは?メリットや設定手順などを解説!

UTMには、ルータの直下に設置するブリッジモードと一体型のルータモードが存在します。

 

本記事では、UTMのブリッジモードの特徴や導入手順などについて解説しています。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

UTMのブリッジモードとは?特徴とメリットについて解説!

UTMのブリッジモードとは?特徴とメリットについて解説!

 

UTMとは、ネットワーク上に存在するさまざまな脅威に対して、一括してセキュリティ管理できる仕組みのこと。

 

基本的にはインターネットと社内ネットワークとの間のセキュリティを補完してくれます。

 

機種やスペックによって、実施できるセキュリティ対策のレベルが異なりますが、設定によって機能を向上させることによって現代社会に存在する数多くの脅威からシステムを守ることができます。

 

ところで、UTMには、下記のような2つの仕組みが存在します。

 

  • ブリッジモード
  • ルータモード

 

まずは、それぞれの特徴や違いについて、詳しくみていきましょう。

 

 

ブリッジモードとは?

UTMにおけるブリッジモードとは、セキュリティの向上を目的としたネットワーク構造のこと。

 

インターネット環境下において、ルータの下位層にUTMを設置した構造となっており、下記のような特徴が挙げられます。

 

  • LAN構築によるネットワーク管理
  • セキュリティ問題の可視化

 

ブリッジモードで構築することで、LANのどの位置にUTMが構築されているのかが分かります。

 

また、ネットワークの見える化が可能で逐次発生する問題を追跡できるため、強固なセキュリティ対策を行えます。

 

 

ルータモードとの違いは?

ルータモードとは、ルータとUTMが一体化した仕組みで構築されたネットワークのこと

 

ブリッジモードとの違いは、そのシステム設計にあります。

 

一般的に、ブリッジモードではルータとUTMの各機能が分散されていますが、ルータモードでは機能も一体化されているところが大きな特徴。

 

ルータモードの方が、ネットワーク上に構築されたシステムをシンプルに管理できます。

 

しかし、ブリッジモードにすることでルータモードでは不可能な仕組みが構築できることから、さまざまなメリットが得られます。

 

 

 

UTMをブリッジモードで設置するメリットは?

UTMをブリッジモードで設置するメリットがあるということについては、前述したとおりですが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

  • シンプルなネットワーク管理
  • セキュリティ問題の可視化

 

もともと、UTMはファイアウォールだけでなく、他のセキュリティ対策を総括してできるシステムです。

 

ブリッジモードで設置することで、ルータの機能と分散され、さらにシンプルなネットワーク管理および運用が可能。

 

また、各ノードとIPアドレスを紐づけたLANマップによってセキュリティ問題をいち早く確認できるところもメリットといえます。

コラム:UTMとは?導入のメリットやデメリットを詳しく解説!

 

 

 

UTMをブリッジモードで導入する手順を紹介!

UTMをブリッジモードで導入する手順を紹介!

 

前述したとおり、UTMをブリッジモードで導入することで、さまざまなメリットが得られます。

 

ここでは、UTMをブリッジモードで導入する手順を紹介しています。

 

 

ブリッジモード設定の手順は?

UTMのブリッジモードを導入する手順として、まずは初期設定を行わなければなりません。

 

そして、使用する機種のライセンスを取得し紐づけます。

 

その後の手順については、下記のとおり。

 

ブリッジモード設定の手順
  1. IPアドレスを入力する
  2. ユーザー情報を設定する
  3. ネットワークの管理方法を選択する

 

基本的には、上記手順でUTMをブリッジモードで導入することが可能。また、アクセス権限なども設定できるため、必要に応じて権限を付与しましょう。

 

 

ブリッジモードの注意点は?

ブリッジモードを導入する際の注意点についても、理解しておかなければなりません。

 

  • IPアドレスの入力ミス
  • ネットワークの設定ミス
  • 導入後の再起動

 

UTMは、各ノードに割り当てられたIPアドレスで管理されるため、入力ミスがあってはなりません。

 

また、ネットワークの設定についても同様に、ミスすることで上手くセキュリティが稼働しないため注意が必要。さ

 

らに、UTMのブリッジモードを導入した後は、再起動しなければ設定が反映されないことがあるため、よく確認して運用しましょう。

 

 

 

さいごに|UTMをブリッジモードで導入しよう!

さいごに|UTMをブリッジモードで導入しよう!

 

今回は、UTMのブリッジモードについて解説してきました。

 

インターネットと社内ネットワークとの間で構築するUTMのブリッジモードは、ルータと分散して管理できるため、シンプルなシステムを構築できます。

 

また、セキュリティ問題の可視化に繋がるため、不正なアクセスなどを確認しやすいというメリットもあります。

 

ぜひこの機会に、UTMをブリッジモードで導入してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋のOA機器営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 UTMや複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格でUTMや複合機を全国にリース販売しています。