UTM5,300円以下

UTMの普及率は?市場シェアや導入率から徹底考察!

現代社会において、インターネットセキュリティ対策の強化は必須であり、UTMやファイアウォールの需要は高まりをみせています。

 

本記事では、UTMの普及率について、市場のシェアや導入率から考察しています。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

UTMの普及率は?導入すべき2つの理由から考察!

UTMの普及率は?導入すべき2つの理由から考察!

 

UTMの普及率は、業界の導入率と深く関係します。

 

UTM/ファイアウォールの企業導入率は約45.8%。ゲートウェイなどのセキュリティ対策を加味すると、インターネットネットワークに関連する脅威を意識している企業は、70%を超えます。

 

つまり、UTMなどのインターネットセキュリティに対して興味を持つ企業は数多く、下記の導入すべき理由も考慮すると積極的に検討するのもよいでしょう。

 

  • セキュリティに対する脅威の多様化
  • UTM市場における社会的背景

 

インターネットセキュリティ対策の強化については、前述したとおり、企業の大切なデータを守るうえで重要なポイントの1つ。

 

ネットワーク市場において、約半数近くの普及率を占めるUTM/ファイアウォールの必要性は高いといえます。

コラム:UTMのシェアを比較!市場の動向を考察する!

 

 

 

UTMの普及率を市場シェアと導入率から考察!

UTMの普及率を市場シェアと導入率から考察!

 

UTMの普及率は、市場の動向や社会的背景に大きく影響します。

 

実際、半導体不足やシェア獲得に向けた各メーカーの市場競争など、社会的背景に大きな動きがみられるのが現状。

 

半導体設計大手のARM社やNVIDIA社が、2022年の年末には半導体不足が解消される見通しを発表していることから、普及率の向上についても期待できます。

 

それでは、UTMの普及率は、どのくらい期待できるのでしょうか。

 

日経xTECHの「ネットワーク機器利用実態調査」によると、UTM/ファイアウォール市場だけでなく、無線インターネット環境なども加味すると将来的なネットワーク市場の拡大が見込まれるとのこと。

 

セキュリティ対策に興味を持つ企業の増大に伴い、ネットワーク市場は、今後も拡大していくことでしょう

 

 

 

UTMの選び方のポイントは?普及率の観点から解説!

UTMの選び方のポイントは?普及率の観点から解説!

 

UTMの普及率向上に伴い、需要が拡大する一方で、半導体不足などが影響して供給が不足する可能性も示唆されています。

 

そのような社会的背景から、今後は普及率に影響を及ぼす可能性があるなかで、市場には数多くのUTM機器が存在しています。

 

ここでは、そんなUTMの選び方について解説しています。

 

  • オフィス規模に合っているかどうか
  • 費用が最適かどうか
  • 仮想環境への対応

 

それでは、詳しくみていきましょう。

 

 

オフィス規模に合っているかどうか

UTMの普及率が向上していくなかで、オフィス規模に合致しない機種を選ぶ企業も少なくありません。

 

他社との競争のなかで重要なデータを取り扱う場面もあり、ネットワークセキュリティに対して敏感になっていることも理由としては挙げられます。

 

冷静に判断し、オフィス規模に合ったUTMを選択することが重要です。

 

 

費用が最適かどうか

UTMには数多くの機種が存在し、取り扱っているメーカーによって価格設定が異なります。

 

機器のスペックはもちろんのこと、サポート内容についてもよく検討し、前述したとおりオフィス規模に合致したUTMを選ばなければなりません。

 

社内ネットワークのセキュリティ対策は重要ですが、費用に見合った方法を導入しなければ意味がなく、いかに長く続けられることがポイントです。

 

UTMの普及率向上や社会的背景に伴い、価格も高騰することが予測されますが、費用が最適かどうか改めて検討して選ぶことが大切です。

 

 

仮想環境への対応

UTMにはサンドボックス機能が存在し、仮想環境上にデータを保管することが可能。あくまでも仮想環境上で運用管理されるため、万が一トラブルが発生した際でも、主要データへの影響は限定的です。

 

そのため、重要データ保護の観点からすると、UTMの仮想環境の状態を考慮して選ぶこともおすすめです。

 

ちなみに、UTMの普及率が向上した理由も、この仮想環境機能が搭載されたことが背景としては挙げられます。

 

 

 

さいごに|UTMは高い普及率を維持!

さいごに|UTMは高い普及率を維持!

 

今回は、UTMの普及率について解説してきました。

 

市場シェアや導入率とも深く関係し、今後の将来性も高く評価されています。

 

普及率向上に伴い、さまざまな機能が拡張されていくなかで、セキュリティ対策を意識する企業も増加しています。

 

ぜひ、この機会に、UTM導入を検討してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋のOA機器営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 UTMや複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格でUTMや複合機を全国にリース販売しています。